先発薬と比べて価格が安いジェネリック薬は今後ますます人気となるでしょう。

シアリスでEDお助け隊

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは
ジェネリックは日本でも最近は有名になってきました。
しかし海外ではジェネリックはもっと普及していて、アメリカが72%、イギリスが65%、ドイツが63%となっています。

日本では2016の時点で、56%に留まっています。
日本ではなぜあまり普及していなかったのかというと、ジェネリックに対する抵抗感が強かった為と言われています。

日本政府は2020年までにジェネリックの普及率を80%以上に引き上げると目標を掲げました。これは国民医療費を抑える為です。

最近では効き目や安全性などが先発薬と同じことから、信頼性も増してきたため、日本でもかなり浸透してきました。

気になる安全性についても、厚生労働省の厳しい審査をクリアしています。
流通している薬は、新薬と同じ効き目、安全性、品質である事が確認、証明されてから販売されます。

ジェネリック薬と先発薬の違い

ジェネリック薬と先発薬の違い
ジェネリック薬と先発薬の大きな違いは価格です。ジェネリック薬は先発薬に比べ、3割から5割ほどの価格で購入する事ができます。

何故そんなに安くなるのかというと、ジェネリックは、先発薬の有効成分の特許が切れた後に発売されます。

同じ成分で作られるため開発に費用がかからず、安全性や有効性を確認する為の臨床試験も省略できるので、安く販売されるのです。
ジェネリック薬は成分と効果も同じ

また、先発薬をさらに飲みやすいように工夫している薬もあり、大きくて飲みにくい錠剤を小さくしたり、水なしでも飲める錠剤にしたり、コーティングなどで、苦みを少なくしたりしていることもあります。

ただし、人によっては先発薬は問題なくても、ジェネリックは副作用が強く出てしまったという方もいます。

まずは少しずつ試してみて、問題がなければジェネリックに切り替えるのがいいかもしれません。

財布に優しいジェネリック薬

お薬を服用する機会が多い方にこそ、ジェネリックは重宝されます。
今服用されているお薬にジェネリックがないか、まずはお調べしてみることをおすすめします。